住宅

投資用ワンルームマンションの魅力大解剖!魅力の投資

一棟まるごと投資する

不動産

通常マンションの投資というのはワンルームを購入して、そのワンルームを貸し出したりすることで家賃収入を得たりすることを指します。購入したワンルームは様々な付加価値を付けることで高額な賃料を得ることも可能ですし、比較的リスクの少ない投資として近年人気を集めています。一方こういったワンルームの投資に対してリスクの大きい一棟マンション投資を行なう方も登場しています。その名の通り一棟まるごと投資の対象にすることを一棟マンション投資といいます。マンションすべてを投資するため非常に高い金額が動き、当然ながらある程度の投資の才能や経験がなければ簡単に運用することは難しくなります。しかしながら一棟マンション投資が魅力あふれる投資として紹介される理由は、高い利回りにあります。
通常ワンルーム投資の場合は得られる家賃収入は1世帯分の家賃しか得ることが出来ませんが、一棟マンション投資の場合は空室がなければ全世帯分の家賃収入を得ることが出来ます。中には利回りが10%に近いマンションも存在し、非常に効率よく稼ぐことが出来てしまいます。利回りは高ければ高いほど良いため、利回りが高くなればそれなりに投資としての魅力も高まるわけです。勿論空室が出なければの話で、空室が目立つようになれば利回りも下がり、運用も難しくなってしまいます。そのため一棟マンション投資を行なう時は大抵間に中間の業者を挟み、様々な管理などをしてもらうことになります。